MENU

News & Event

ニュース&イベント

住まいとお金

家を買う前にじっくり考えよう 〜「若い世代の借金膨らむ」時代〜

昨日の日経新聞の記事に
「若くて持ち家借金膨らむ」の見出しの
記事が掲載されていました。

低金利が続く中で、賃貸の家賃を払い続けるより
家を購入した方が得!、という風潮があるという
ことです。

もう30年前、私たち世代が住宅を購入する時も
同じような宣伝文句で「そうだ、いくら払い続け
ても自分のものにならない賃貸家賃を払い続ける
より払った末に自分のものになるのだから住宅ロ
ーンを借りて家を買おう!」
となっていました。今も昔も同じなのですね・・・
とはなりません。

30年前、経済と社会の状況は今と大きく違います。

30年前は終身雇用と賃金上昇を疑う人もいないし、
そんな考えを誰も持っていない時代です。

小泉政権時代に、日本の大切な仕組みは大きく変化
(壊された)しました。
非正規雇用の人がこんなに増え、生涯賃金の平均値
は大きく下がり、そんなことになってもう長年が経
っています。政府の発表で景気が緩やかに上昇とか
言われても、私たち庶民には何の実感もない、とい
うよりどんどん状況は苦しくなっている感覚しかあ
りません。

今年に入って日本を代表するメーカーの社長が公に
「終身雇用は約束できない」と言ってしまう時代で
す。

35年の長期間にわたって、変わらずローン返済をし
ていけると安易に考えず、多少の状況変化にも対応可
能かどうか、ある程度の地価変動を予測しても売却損
が大きくならない物件なのか、様々な検討が必要です。

個人の家計レベルでは 日々のお金の収支だけで全て
を判断しがちですが(それさえも予測が不完全なケース
も多いと思います)企業の財務で貸借対照表にあたるも
のの計画を家庭においても検証してみることをお勧めし
ます。

子育てにかかるお金の総額と、中学から大学卒業までに
かかる教育費はその支払時期にはとても大きな負担と
なります。
子供が奨学金を借りるという件数はとても多くなって
いますが、就職後の返済とこれからの時代を考えた時、
何を優先してどんな判断をするのか、家族の幸せにと
ても大きく影響すると考えています。

次回以降のブログで少しづつ具体例の返済計画
をもとに詳しくお話したいと思います。

詳しく知りたい、事前に検討するために相談したい、
と思われたら是非、信頼できる専門家にご相談してく
ださい。

コトトマでもご相談をお待ちしております。